プロフィール
川崎中部建設労働組合
川崎市中原区にある建設職人の労働組合です
川崎中部建設労働組合 本部
住 所 〒211-0067 川崎市中原区今井上町1−22
TEL 044−722−4445
FAX  044−722−4459
メール t-ken@isis.ocn.ne.jp

京浜事務所
住 所 〒230-0037 横浜市鶴見区向井町4-91-25
TEL 045−511−2088
FAX 045−511−2088
≪組合に加入するには?≫
神奈川県内に在住し、建設事業に従事する方なら労働者・職人・事業主も含めて、だれでも加入できる労働組合です。
≪組合加入のメリット≫
1:建設国保
(1)本人医療費実質10割給付〔3割自己負担分は後日、独自の償還払い(払戻し)〕
・入院の場合 自己負担額全額を払い戻し
・通院の場合 1ヶ月3,000円以上かかった金額を払い戻し
家族の方は入院の場合、全額償還払いで無料になります。
※但し、保険適用外の診療を除きます。
(2)傷病手当制度
最高80日(年間)、病気やケガで仕事を休んだ時(労災、交通事故等は除く)に傷病手当金が支給されます。
(3)家族も含め無料の健康診断
毎年度に1回、家族の方も含め無料で受診する事が出来ます。
健康診断でアスベストによる疾病の早期発見・治療をすすめています。
等組合専門医師による診察を行っています。
2:労災保険
 建設業は、労災事故が一番多い業種です。当組合では神奈川労働局長許可の労働保険事務組合として、労災・雇用保険の事務を引き受けます。また加入・保険料の納付・労災事故が起きた時の面倒な手続きも代行します。
 一人でも労働者・職人を使う事業所は労災保険加入が義務付けられています。万が一、労災保険未加入で事故にあった場合は事業主・事業所の責任となり、重大事故の場合は刑事責任に問われる場合もあります。必ず加入しましょう。
3:税金相談
 税金は税務署が勝手に決めるものではありません。組合は、組合員が自分の所得を自分で計算し、自主申告できるように講習会を開いたり、記帳の仕方を指導したりしています。
4:資格取得
 職業訓練法人建設技術センターで各種作業主任者講習や特別教育を実施しています。
5:建退共(退職金制度)
 建設労働者・職人のための退職金制度です。すべての公共工事の積算に「建退共済」が入っています。組合に申し込めば「建退共手帳」はすぐに入手できます。現場で就労日数分の証紙を貼りましょう。
 建退共は個人でも任意で加入することができます。物価水準の変動に合わせて5年ごとに掛金と給付の見直しを行うので、「長期にかける老後の備え」には最適の退職金制度です。掛金は経費として処理され節税にもなり、若いうちから始めるとさらに有利になります。

お問い合わせはこちらまで
TEL 044-722-4445
FAX 044-722-4459
メール t-ken@isis.ocn.ne.jp

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

time

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM