川崎市内の危険な塀(ブロック塀)撤去に補助金創設

  • 2018.11.13 Tuesday
  • 09:28

川崎市中原区の建設組合 中部建設組合の詳細はコチラ

 

川崎市においても、「危険な塀」撤去に新たな補助金が

 

創設されたことがタウンニュースに掲載されていました。

 

補助金は、撤去費用の半額を上限30万円まで補助します。

 

2020年度までの時限的な措置なので、ご注意ください。

 

45306457_2502575236479958_8632803145912680448_n.jpg

 

川崎市内の建設労組と、市側の職員との意見交換を行う、

 

今年8月の対市交渉で、強く要望をした事が叶えられて嬉しいです。

 

中身については、相模原市の様に「市内業者の見積施工」を

 

組み入れてくれるともっとよかったのですが

 

対市交渉の場での市側職員の返答は

 

「補助金創設も含めて研究するが、補助金以外にできることがあると

 思う」

 

と若干後ろ向きともとれる反応だったので、ほっとしました。


ここ最近では、ブロック塀の補助金や、市営住宅跡地を市民利用できる

 

施設とすることや、ヒバクシャ署名への市長の署名などの要望が

 

叶えられてきました。

 

これは、身近な暮らしの事を、私たち市民が直接行政に訴えられる

 

大事な機会だと思います。

一方で、個別の団体の交渉にとどまらずに、業者団体や保育士団体、

 

母親の団体とか医療の団体とか

 

の、幅広い人たちが手をつないで一緒に要望を練って交渉する

 

連絡会形式も必要だと感じています。

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

LINE公式アカウント

友だち追加

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM