高裁判決内容

  • 2017.10.29 Sunday
  • 08:36

判決後の西村弁護団長の説明から少し詳細を

 

原告75名のうち国に対して39名、メーカーに対して31名、重複する人もいるので

全体では53名の方が勝訴判決を取りました。

地裁同様逆を言うと22名の方が敗訴判決を受けたことになります。

理由は、労基法上の労働者の範囲でないという事。

許せませんがその中でも少し明るい兆しは、

実質的には労働者という事で一人親方、事業主の中で7名が勝訴となりました。

救済が負けた中でも広がっています。

ちょっと前までメーカには勝訴できないのか?なんて思ってたこと考えれば

今後は!わかりません!

 

国に対しては

昭和56年以降平成7年まで

防じんマスクの使用義務付けと警告表示を怠ったとして違法

 

としました。

地裁判決、福岡・大阪が昭和50年以降、京都判決が昭和49年以降

先日の横浜の昭和51年以降より遅くなっていますが

西村弁護士は、初の高裁判決だからこの時期になったのでは?と言ってました。

という事は今後は広がっていくかもしれません。

 

メーカーに対して

昭和50年以降平成4年までの

使用の危険などの警告義務違反

 

具体的にはマーケットシェア、原告の一年間の現場数などを鑑みて

 

大工職に対して エーアンドエーマテリアル!(交渉にも応じない企業!)

ニチアス、エムエムケーの3社が29名に

 

保温工に対して エーアンドエーマテリアル!(本当に許せない!)

ニチアス、神島化学の3社が1名に

 

エーアンドエーマテリアル!(待っててね(^^♪ )の下請けとして働いていた1名

 

に対して勝訴と判断しました。

特質すべきはこの中で14名の一人親方、事業主が救済されているという事だそうです。

 

以上判決の内容でした。

 

最後に、西村弁護団長からも話がありましたが。

原75名の内56名がすでに亡くなっているこの裁判

最高裁判決を待つことなく、国、メーカーに対して救済制度創設を迫る!

ここからの闘いも重要。

早期解決にむけみんなでがんばりましょう!!

 

 

追記です。

昨日、原告団総会があって田井弁護士の先生の話を聞き

少し

 

一人親方を実質的労働者と認めた7名の中に

法人の事業主の方が入っていたという事です。

それは労働者として働いていた時と何ら変わらない働き方を

社長になってもしてたからという事だそうです。

すごい前進だと思いました。

実際はみんなそうだと思うんですけど

 

プラス

今回保温工に対してメーカー責任と書いてしまいましたが

これは職種で認定したのではなく原告の記憶に基づく供述によって認定。

エーアンドエーマテリアルの方も築炉工ですがこの方も

原告の記憶に基づく供述によって認定されたそうです。

 

という事は、しっかりと仕事をどの現場でどの時期どんな建材を使っていた

という記憶により説明ができ、裁判所が信用できる!間違いないと認定すれば

勝てるという事です。

ですからどんな仕事も記憶は難しいから何かに残しておかないといけないと

思います。大変ですけど自分と家族を守るためです。

 

今後のたたかい

救済されていない人を救っていく。原告みんなが勝利判決!!

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京高裁で逆転勝訴

  • 2017.10.29 Sunday
  • 08:00

あれから5年、

あの日の事は悔しくて忘れないですが今日!

そんな事も忘れてしまう本当にいい日になりました。

 

横浜地裁の全面敗訴判決を乗り越え

東京高裁で国、企業を断罪する勝訴判決です。

 

新聞で大きく取り上げられているので皆さん知っていると思いますが

ご報告を

24日同様まずは

国、メーカーに勝利です!

初の高裁判断でこの結果

今後の司法判断に大きく影響するでしょう。

高裁でも国に勝てたという事は

ここまで積み上げてきた地裁での判決を

本当に確実にした!と思います。

そしてメーカーに連勝!

これも大きくこの建設アスベスト裁判の流れを変えたと

これからは企業責任を認める判決が続くのではないかと思います。

 

仲間と喜びを分かち合いました。

横浜地裁よりもスゴイ人

そして報道陣の数でした。

ニュースなどでみなさんもみましたか?

 

とにかく5年間の思いが一気に爆発した!

そんな感じの高裁前でした。

 

その後

星陵会館に場所を移し報告集会

弁護団長の西村団長です。

逆転勝訴まで寝る間を惜しんで闘ってくれました。

弁護団の皆さん本当にお疲れさまでした。

まだもう少し続くと思いますが

最後までよろしくお願いいたします。

そして忘れてはいけない阪田弁護士。

メーカーに勝ちましたよー!!

 

原告団を引っ張てくれている平田さん

体調悪い中最後まで集会に参加してくれました。

 

そして

中部建設原告の大園さんです。

いい笑顔です。

他の判決の勝利が重なっていく中「私たちも勝ちたい!」

と原告団の中でも本当に大奮闘してくれています。

連日でお疲れだと思いますが本当に良かったね(^^♪

 

東京新聞一面です。他の新聞も大きく取り上げています。

 

以上まじめにご報告でした。

 

 

 

判決の内容

  • 2017.10.25 Wednesday
  • 11:21

ここからは田渕弁護士の説明を聞いて少し詳細を

(間違いがあればご指摘ください)

 

原告44名に対し

国に32名、企業に10名 

重複している方もいるので全体で34名が勝利しました。

逆を言えば10名は敗訴判決

理由は一人親方、事業主は労基法、安衛法の労働者ではないから対象外

同じ現場で同じ仕事してなんで区別されるのか本当によくわかりませんが

今回もここは突破できず、しかし実態に合わせて判断するという事です。

(実際に一人親方労災で労災認定されていても労働者性が認められれば救済する)

 

国の責任は、

防じんマスク着用は昭和51年1月1日以降

 平成7年3月31日まで義務付けしなかったこと

警告表示については昭和51年1月1日以降

 H18年8月までの間まで義務付けを行わなかったことが違法と判断されました。

(福岡、大阪が昭和50年以降、京都判決が昭和49年以降ですのでちょっと遅くなってます)

 

後 説明では、今までは防じんマスク使用を促すための警告表示に過ぎなかったが

今回は警告義務違反自体も個別に違法性を認めた点が前進したそうです。

防じんマスク着用は労働者への配慮だが、警告表示に関しては現場で働くすべての人が対象

一人親方、事業主にも救済の道を開く可能性が広がったとのことでした。

 

企業責任について

今回、企業責任を認められた会社は

ニチアス、ノザワの2社でした。

たった2社なの?と思うかもしれませんがそうではないと説明がありました。

まず大前提

被告企業は昭和51年1月1日以降

     防じんマスクの着用が必要であるという表示し警告する義務を負っていたこと

これを怠ったことを認めました。

全メーカーに責任はあるという事をはっきりと認めた!

 

これは大事な事です。

しかし

ですが、が入ってしまいます。

 

それを個別に認定するには「高度の蓋然性を証明すべき」

と言っております。なんのこっちゃ

原告一人ひとりの肺に入ったアスベストをどこが製造したか

相当高い確率で証明をしろ!

と言っている。

どこの建材使ったか特定しろと

出来るか!!!!!

ここでも現場実態を全く無視した判決なんです。

 

でも

そこ原告、弁護団で使った建材を詰めていった結果

 

保温材をだいぶ製造していたニチアスに対して保温工さんは

相当な確率で使っているという高度の蓋然性が証明できたので認められました。

 

左官工、タイル工が使っていた混和材をほぼ作っていたノザワに対して

高度の蓋然性が証明できたのでこの2つの職種も認められました。

 

3業種に関しては突破しました。

ここで大きいのは一人親方、事業主も企業責任でははずされません。

ここで救われた一人親方、事業主もいます。

企業に勝つという事はいろんな意味で大きい!

 

他の業種の突破は、今回できませんでした。いろいろなところが作っていたから。

 

そこをシェア10%以上あれば1年一度は使うだろうからと企業責任を認めた

京都判決は勝たせてくれたんですが。

今回シェア20%の企業にも勝たせてくれなかったそうです。

でもこうやって判決を積み上げていくことが大事なんです。。

この2社に勝てたことは大きい!

との田渕弁護士の説明でした。

その通りだと思います。

 

とにかく企業に責任があることをしっかりと認めた判決であることは間違いありません。

 

以上です。

 

首都圏建設アスベスト訴訟 横浜第二陣判決

  • 2017.10.25 Wednesday
  • 10:39

川崎市中原区の建設組合 中部建設組合の詳細はコチラ

 

昨日首都圏アスベスト訴訟の第2陣横浜地裁判決が出されました。

嬉しいので結果を先に

 

 

国の責任6度目の勝訴判決!

建材メーカーを断罪!!

です。

 

なんかですね。0.1t涙が・・・

まだ人でした。

豚の目にも涙?豚に真珠??豚は豚???

まあよくわかりませんが嬉しかったです。

 

よく言われますが5年前のこの場所でみた不当判決!

あれがよぎりました。。

あの時も誰もが負けるなんて思ってなくて

想定が負ける=0%ですから

あの瞬間地裁前が本当にシーーーン

からの怒りが!!!

 

そして今回見事勝訴判決!

 

 

 

さて話は戻って

まずは入廷行動

そして

川崎建築 原告の中山さん

酸素を吸いながら必死に闘ってくれています。

本当に苦しいと思います。

それでもこうやって先頭に立ってくれていることに感謝しかありません。

 

そして

歓喜!

 

から報告集会です。

第二陣の弁護団事務局長の田渕 大輔弁護士です。

かっこいいです。

横浜合同法律のホームページを見ると

カープファンだそうで・・・

そちらでは残念でしたが・・・

余計なお世話でした。

 

小野寺弁護士も話していましたが

西村団長はじめ弁護士の皆さんは本当に大変だったのだと思いました。

実際に弁護士の仕事したことないのでわかりませんが

大変ですよね。

 

こちらはダブル判決って勢いづいてますが・・・

勘弁してくれーって

 

でも乗り越えて頂きました。

まずはお疲れさまでした。

そしてこれからもよろしくお願いします。

 

もう一つ

確か小野寺弁護士だと思いますが

お亡くなりになられてしまった阪田弁護士の名前が出た時

またウルっと来てしまいました。

阪田弁護士のおかげでここまできてます。

これからも共に頑張りましょう!

 

今朝の新聞各紙にも報道されていると思います。

東京新聞にも報道されていました。

ぜひ読んでみてください。

 

 

以上が報告でございます。

次は10月27日

またいい報告をいたします。

 

 

 

川崎市中原区の建設組合 中部建設組合の詳細はコチラ

川連 初心者カメラ教室 と アスベスト裁判 と 私

  • 2017.10.12 Thursday
  • 13:06

こんにちは

0.1tでごわす

先日の日曜(10月8日)川連の初心者カメラ口座がありました。

中部は書記長と事務局3人で参加しました。

(ちなみに川連教宣部長は副組合長でしたので5人)

総勢12名ぐらいでしたかね。参加者は。

参加者の評判はもう上々 以上で

楽しかった!参加してよかった!

と称賛の嵐でした。

 

講師はphotographerの亀井正樹さん

こちらの先生が実に丁寧に私のどうしようもない写真をうまく褒めてくれたり

こうしたらいいよーと優しく教えてくれたりしまして

勉強になったし、人が撮った写真てなかなか見ないから

どんなふうに思って取ったかとか知れてとても楽しかったです。

またぜひカメラ教室開催したいと思います。

 

ユカピーがですね・・・もう消してるんですよ!

取った写真を!!褒められた写真あったんですよ!!いい写真!

補正技術を駆使して・・その後の反省会も盛り上がったのに・・

もうないって・・・信じられない!!   残 念 !

 

それではまず事務局長からですね。

これべた褒めです。何気ない写真ですがプロが見るとわかるわけですよ。

これ以上トリミングもできない、いっぱいいっぱいの写真だそうです。

子どもとキティーちゃんのタッチ

お姉さんの語りかけている目線

周りの保護者の皆さん

イベントがわかる看板

全てが入っていて  これだー!!! だそうです。

 

本人お気に入りが

これです。なんのこっちゃこれは??

さて何でしょう?

 

これでーす。

 

続きまして0,1tは特に褒められませんでしたので

自分の好きな写真

なんか暗いイメージですよね。ネガティブ

 

 

 

 

最後に書記ちょ―です。

面白い写真と先生のお墨付きの写真です。

寝そべったのでしょうか。すごいですね。

 

書記ちょー本人のお気に入りは

だそうです。

鴨がいいらしいです。これが書記ちょーの小杉だという事でした。

「裏小杉ですか?」と聞くと「おもてだよ!!!(アンジャッシュ児嶋風)」

と怒っていました。

そうですね。これが小杉です。

テーマは表から見た裏ですかね。

 

いい写真です。

カメラがいいのでしょうか?

感性ですかね〜(^^♪


 

 

 

本当に楽しい企画でした。またぜひやりたい!!

 

 

 

 

そしていよいよ今月アスベスト裁判

横浜ルート地裁判決が10月24日に

横浜ルート高裁判決が10月27日と連続判決です。

ここにむかって原告も頑張っています。

10月9日の東京新聞に川連の原告団中山さんの記事が掲載されてました。

何度も書いてますがの裁判は原告だけ救済する裁判ではありません。

今後残念ながら出てきてしまうであろう建設職人や

いろいろな職種の人、一般の方がアスベストによる病に倒れた時、

裁判をしなくても救済が受けられる制度創設が大きな目標です。

そのために先頭に立って闘っているのが原告の皆さんです。

勝利の日まで全力で支援団体である私たちが支え、必ず勝利しましょう!!!

 

 

昨日東京高裁前で早朝宣伝してきました。

 

勝利までがんばりましょう!

 

 

 

 

 

最後に私・・・

 

 

 

また

 

 

太った

 

 

かなあ

 

 

酒のない国に行きたい

 

 

もしくは

 

 

一滴も酒飲めないボディーが欲しい

 

 

 

 

 

 

 

うっそでーす。

 

死なない程度に。

川連 仕事の安全研修会 開催

  • 2017.09.11 Monday
  • 14:40

川崎市中原区の建設組合 中部建設組合の詳細はコチラ

 

昨日0.1tは川連 労対・住対・技対部合同開催

仕事の安全研修会に行ってまいりました。

なぜなら全部の担当事務局だから

ここまで重なると気持ちいい!!

まとめてドーン!!っていうのもなかなか

内容はいろいろとあって面白かったです。

 

これだけの部会が集まればもう会場は溢れんばかりの

組合員さんと思いきや

寄せてこんな感じで

アドニスさん入れてこんな感じでした・・・

日曜日の午後ですもんね。

 

1つ目の研修は新築とリフォームの事故から学ぶ

学んじゃいました。。

軒の出が少ない家は雨漏りリスクが5倍ですって

ちゃんとやれば大丈夫なんですよねー?とか思いましたが・・・

保険事故の9割越が外壁・屋根からの雨漏りですって

気を付けましょう。

 

続いてはアドニスさんの自動車保険と工事保険の事故事例に学ぶ

自動車保険

100対0になる車と車の事故は追突と信号無視と

センターラインオーバーのみですって。

いくら一時停止を無視した車に当てられても過失は動いてれば発生します。

って思うと運転なんか嫌になっちゃうんですが

とにかく気を付けましょう。

工事保険

保険料と支払い保険料がほぼ同じになってしまっています。

保険料が上がるか!こんな保険できませんってなくなっちゃうか。

なんて考えたりもします。

使ってない人は全く使ってないんですけどね。

事故のほとんどが不注意です。まあ事故ってそういうもんですが

保険料あがらないよう。持続可能な制度になるように

加入者の皆さん、みんなんで気を付けて行きましょうね。

ただいま更新の時期です。加入されてる方は組合までご連絡を!!

ちなみに事故が多いのは下旬、月曜日、雨の多い月(6月、9月など)

ですって

 

最後は建災防の方に墜落・転落災害防止の留意点についてお話もらいました。

いろいろなところで足場の規則が変わったというのはお聞きになっていると思いますが

墜落転落がなくなれば規則はこれ以上厳しくならないので細心の注意をお願いします。

 

 

以上雑ぱくではありますが昨日の研修会の内容でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休み親子工作教室

  • 2017.08.18 Friday
  • 11:19

川崎市中原区の建設組合 中部建設組合の詳細はコチラ

 

あれは7月30日でした。

もう20日近く前ですが

今年も親子工作教室が各学校で開催されました。

 

中部建設は今年5校で開催です。

当日の朝、雨が降ってましてどうなるかと思いましたが

いつものような暑さがなくよかったです。

 

のこぎりの使い方を説明する住対部長と仲間たちです。

 

朝の説明で

「できる限り自分たちで作れるところまでやりましょう」

と話したところ、みんな真面目に自分たちでやって

暇を持て余し、遊びだしちゃう仲間たち

 

こんな感じでやってます。

体育館、冷房無し、暑いときは本当にヤバいです。

9時20分ぐらいから開始して11時30分ぐらいに終了

その間2時間

仕上げるの結構大変なんです。

子どもたちはあんまり気にしないんですが

保護者の皆さんは後半必死です!!

 

フローリングとか固い材料しかなくて電動工具持ち込んでやってます。

こちらは忙しいそうですね。

3人体制でフル稼働中です。

 

こんな感じで毎年やってます。

今年は組合員55名の参加でした。

初参加の方もいてよかったです(^^♪

 

来年は6校開催なんで人手がもっともっと必要です。

まだ参加されていない組合員さんの参加を

よろしくお願いします。

特典は!子どもたちの笑顔!!

と反省会!!

詳しくは0.1tまで!!

 

 

 

 

首都圏アスベスト 神奈川 一陣 二陣 結審!

  • 2017.03.24 Friday
  • 12:05

川崎市中原区の建設組合 中部建設組合の詳細はコチラ

 

 

3月14日

第一陣 東京高裁が結審しました。

雨の中

原告や遺族原告の方が先頭になって頑張っています。

 

原告平田さんも力強く訴えていらっしゃいました。

 

院内集会も入りきれないぐらいの人、人、人です。

国会議員の先生もかけつけてくれました。

高橋弁護士が亡くなった原告を思い出し

声を詰まらせながら報告をしてくれました。

 

次々になくなっていく原告。

本当にこの裁判はつらく壮絶です。

絶対勝たなくては!!

 

結審大集会も中部建設から13名、全体で850名の参加でした。

 

原告の訴え・・・

本当に大変な思いをしてここに立っているんだと伝わります。

栗田さんの訴え・・・何度聞いてもつらいです。

旦那さんと次男さん、二人もアスベストでなくすなんて。。

 

だれが責任を取らなくてはいけないかは明白です。

絶対勝たなくてはいけません!!

 

3月17日

 

第二陣 横浜地方裁判所で結審しました。

 

いい天気でした。

原告でもある神建連白田会長です。

 

デモ後

結審大集会を行いました。

 

 

第一陣は初の高裁判決です。

判決日は後日追って連絡があるそうです。

5度断罪された国はもちろんメーカーにも勝たなくては!!

 

大事でない裁判はありませんが本当に建設アスベスト裁判のキーとなる判決です。

弁護団は正月休み返上で1200ページにおよぶ最終書面を提出したそうです。

一方メーカーはちらほら出したそうですが国は最終書面を出さなかったそうです。

力尽きたか。。。いや油断大敵です。。。

 

第二陣は10月24日15:00の判決です。

横浜で負けたあの判決を思い出します。

絶対負けない闘いを今回はしましょう!!

 

さあここからは私たち支援団体の出番です!

法定外の闘いがこれから大事になります!

気を抜かずやれることをやり抜いて絶対勝ちましょう!!

っという事でまずは署名のご協力をお願いします。 

 

 

技術技能にふれるツアー!

  • 2017.03.24 Friday
  • 10:23

川崎市中原区の建設組合 中部建設組合の詳細はコチラ

 

3月5日のことではありますが・・・

すみませんでしたm(__)m

 

隔年で開催している技対部主催のバスツアーに行ってきました。

42名の参加です。

和気あいあいで出発です。

 

まずは朝倉彫塑館というところに行ってきました。

ご紹介いただいたのは一番前で微笑んでいる方です。

 

朝倉彫塑館は鉄筋コンクリート作りの旧アトリエ部分と、

丸太と竹をモチーフにした数寄屋造りの旧住居部分からなり、

その和洋折衷の特異な建築が参加者から好評でした。

館内は写真撮影禁止なので入り口で記念撮影です。

 

ぜひ一度行ってみてください。

このころはみんなまだ飲んでません。

 

しかし葛飾柴又に移動

 

はいもう飲んでます。

 

腰据えて飲んでます。

これから見学なんですがー・・・

って言っても飲んでます。

 

でも以外にみんな立ち上がりました。

このままフィナーレかと思いきや

 

歩き出しました。

自由行動なのでみんな思い思いの場所へと

 

帝釈天です。

それぞれが

 

それぞれに

 

仲良し親子や

 

仲良し夫婦や

 

寅さん

 

御朱印もらって喜ぶ人

 

酔っぱらってつまようじがツボに入り笑いつづける人


甘味処に手招きする人や

 

寅さん

 

団子食べる人などなど

 

みんなそれぞれに

楽しみました。

 

また再来年計画していきたいと思いますので、

どこか技術技能に触れられる場所がありましたら

ご紹介ください。

よろしくお願いします。

 

 

 

あっという間に

  • 2016.12.16 Friday
  • 11:18

川崎市中原区の建設組合 中部建設組合の詳細はコチラ

 

お久しぶりでございます。

もう今年も終わりますね〜。

また一年始まって、あっという間に一年終わる。

さあ忘年会だ―!!って一年をまた忘れて。。。

 

みなさんは今年を何回忘れましたか???

私は大小7回の年を忘れる会に参加しましたので

もう今年のことなんて覚えてませーん・・・ので

いろいろご迷惑をおかけした方もいると思いますが忘れてください。

来年もあっという間にこんな事書いているような気がします。。

いいのかなぁ。。。

 

まあそれはさておき

首都圏建設アスベストが本当に大山場です。

出川哲朗も「やばいよやばいよ」と言っているとかいないとか

 

裁判期日の連続で

12月9日 神奈川第一陣高裁期日

  12日 東京第一陣高裁期日

  13日 神奈川第一陣高裁期日 

  15日 神奈川第二陣地裁期日

でした。

 

さて突然ですが問題

第1問

これは

何日の写真でしょう?

 

第2問

これは

何日の写真でしょう?

 

 

正解は・・・いまいち自分でもわかりませーン。。。

一つ言えることは・・・

 

違う日です。。

 

という事で参加されたみなさんお疲れさまでした。

 

本当はなにが言いたいかというとですね。

マジメに言いますよ。

 

裁判が大山場なんです。

神奈川の裁判が。。

一陣は地裁で国にもメーカーにも負けてしまいました。

そこから高裁になって、高裁ではほとんど行われない証人尋問

これは原審(地裁判決)がどうも疑わしいぞ?国、メーカーに責任あるんじゃない?

などの判断がないと行われません。

ここまで来るのは大変で裁判所内では弁護士さん、原告の努力が実を結び

裁判所の外では支援の私たちの署名や宣伝行動などが実を結び

このような状況を作り出しているのだと思います。

 

そして3月いよいよ結審です。

地裁の初判決に続き高裁でも一番初めの判決が神奈川一陣の裁判になります。

今後のアスベスト裁判を左右すると言っても言い過ぎでないぐらい重要です。

 

いい流れにはなってますが油断はできません。

地裁判決みたいなこともあるので。。

 

ですのでやれることを最大限やりましょう!!

今取り組んでいる署名

公正判決を求める署名をぜひ書いていただいて裁判所に届けましょう!!

なんか横ですみません。。

お願いします。

 

二陣はこちらも闘いは進みまして、久々

また横ですみません。。

傍聴してきました。

当たりました!!

10分で終わったけど・・・

 

椅子一つでこのわがままボディが納まるか心配でしたが

どうにかねじ込んで傍聴しました。

10分で終わったけど・・・

っでこちらも3月結審です。

 

こちらの署名もやります。

2月以降に新たにやります。

 

また〜なんて言わずにやれることを最大限やりましょう。

 

来年2月には北海道のアスベスト裁判の地裁判決がでます。

神奈川一陣二陣判決も夏から秋にかけて出るでしょう。。

来年もまた大変です。。

でもみんなでがんばりましょう。

みんなで応援をしていきましょう。。

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

time

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM