被災地ボランティアに行きました   

  • 2019.10.02 Wednesday
  • 17:36

そろそろ涼しさを感じられるかなと思いきや

 

 

台風が来るたびに暑さが戻ってきますね。

 

 

 

千葉県では台風15号の影響で

 

多くの住宅で屋根等の損傷がありました。

 

 

9月28日(土)にその応急処置として

 

ブルーシートを張るボランティアに

 

組合からは青年部長と2人で

 

参加しました。

 

 

 

 

 

 

瓦の上は思っていた以上に歩きづらく、

 

上がるのはいいのですが、降りるのが怖い。

 

 

素人が行っても邪魔にならないだろうか・・・

 

と不安でしたが、

 

ベテラン大工さんの指示のもと

 

どうにか収めることができました。

 

 

僕はたいして役に立ってませんが・・・。

 

 

ブルーシートで雨養生をした後に

 

家主さんと話すと、

 

それまで不安で仕方がないといった

 

顔をしていたのが、晴れやかな表情になって

 

「これで安心して寝られます」

 

と言っていただけました。

 

 

 

今回行ったものはあくまで応急処置であり、

 

早めに工事をして直さなければならないけど

 

職人さんが足らず、役所に連絡しても

 

来てくれるのは半年後の予定というお話もありました。

 

 

確かに、建設職人は災害が起きていなくても

 

いつも手が足りないという状態です。

 

 

”若い人に選ばれる建設業”

 

を実現して担い手を増やさなければ、

 

本当に困っている人が何か月も不安なまま

 

待たされてしまうのだと、実感しました。

組合員セミナー(主に事業所向け)の開催です。

  • 2019.09.11 Wednesday
  • 09:18

川崎市中原区の建設組合 中部建設組合の詳細はコチラ

 

おもには、事業所で人を雇用している組合員を対象にした

3回連続セミナーを開催いたします。

 

会場はいずれも総合自治会館(武蔵小杉)です。

 

第1回目

講師は川崎合同法律事務所の山口弁護士。

 

・建設業の請負契約書作成の方法やその意義

 

・万が一、不払いにあってしまった時の対処法

 

などをお話します。

 

 

組合によせられた直近の不払い相談は、厚木にある一次の会社

 

まで組合事務局と組合員とで行って、穏便に、しかし言うべき

 

ことは言って、満額支払われる解決をみました。

 

不払いにあってしまう前に、事前にこちらの学習が重要です。

 

 

第2回目

講師は社会保険労務士法人エールの加藤大輔社労士

 

・建設業に関わる「働き方改革」

 

・知っておいて欲しい労働法制の中身

 

などをお話します。

 

社会保険未加入問題の時から、組合の頼りになる相談先。

 

建設業に関わる知識は県内では右に出る人はいないと言っても

 

過言ではないと思います。

 

 

第3回目

講師は神奈川県建設労連の高橋健二書記次長

 

・建設キャリアアップシステム

 

・労働者供給事業

 

などをお話します。

 

建設キャリアアップシステムは、今年から始まり、急速に広がりを

 

見せています。ある組合員の情報では「特にO林組は、これからこれが

 

ないとダメになる」とのこと。

 

現場に入った就労履歴を、着実に経験として積み重ねていけるシステム

 

公共工事や建設業許可でも必須の経営課題となっていきそうです。

 

全3回にわたり行う事業所向けセミナー。

 

事業所に限らず、組合員にぜひとも聞いて欲しい内容を

 

そろえました。

 

参加者の交流で名刺交換の時間もありますので、

 

ぜひ、お名刺片手にご参加ください。

 

【申込、問合せ先】

 

川崎中部建設労働組合

 

TEL 044−722−4445

 

FAX 044−722−4459

 

メール t-ken@isis.ocn.ne.jp

型枠大工、鉄筋工、電工、設備工、塗装工のみなさん

  • 2019.09.05 Thursday
  • 11:45

川崎市中原区の建設組合 中部建設組合の詳細はコチラ

 

神建連(神奈川県建設労働組合連合会)が主催して、

職種別の処遇改善を求める討論会を開催します。

 

名刺交換の時間もとって、同業の仲間の交流をはかります。

 

ぜひご参加ください。

 

参加希望の方はt-ken@isis.ocn.ne.jpへ

お名前と参加希望日を入れてメールしてください。

 

原水禁世界大会にて

  • 2019.09.03 Tuesday
  • 11:35

今年の夏は例年より涼しかったですね。

 

川崎市ではなんと

8月中に猛暑日を観測した日はなかったそうです。

 

それでも暑いものは暑いですが・・・

 

 

約1ヵ月過ぎてしまいましたが、

 

長崎県で行われた

 

原水爆禁止世界大会に参加しました。

 

 

 

報告集会となる川連平和のつどいの記事が

 

先になってしまってすみません・・・

 

 

 

建設労働者職人原爆殉難者の碑と

 

 

 

主婦会の皆さまを中心に

心を込めて折って頂いた折り鶴です。

 

 

2日目に行われた分科会では

 

「被爆体験の継承・普及と援護連帯」

 

というテーマの分科会に参加しました

 

広島や長崎で原爆の被害に遭われた方の

 

生の声を聴かせていただきました。

 

 

爆発の衝撃で木造の自宅は一瞬で崩れ

 

お母さんが倒れた柱に足を挟まれてしまい、

 

その後すぐに熱風によって火の手が上がって

 

「強くいきなさい」という母の声を最後に

 

逃げてきた体験談を始め、

 

自分が子どもを作ってもいいのか葛藤したお話しなど、

 

核兵器による被害の影響は今でも残っているという

 

お話をしていただきました。

 

 

未だ地球上で開発が続けられている核兵器ですが、

 

戦後すぐに米軍が行ったビキニ環礁での「ブラボー実験」では

 

広島型原爆の1000倍、

 

2年前に北朝鮮の核実験で使用されたものは

 

小型化されたのにも関わらず、

 

広島型の10倍の威力があります。

 

 

核兵器が戦争で使用されたのは広島と長崎だけですが、

 

核兵器がある限り、その威力を確認するために

 

核実験をすれば放射能汚染は拡がっていきます。

 

 

唯一の戦争被爆国としての日本のすべきことは

 

アメリカの核の傘に頼った外交ではなく

 

平和記念式典で首相が毎年発言している

 

「核兵器国と非核兵器国との橋渡し」を

 

口だけでなく、実際に行うことではないでしょうか。

 

 

それと同時に、核兵器のような

 

軍人も民間人も無差別に殺戮してしまう

 

悪魔の兵器すらをも肯定してしまう

 

戦争が起こされない為に、

 

私たち一人一人ができることを

 

やっていかなければと思います。

 

 

来年は広島で行われる世界大会に

 

組合として参加を予定しています。

 

とても考えさせてもらえる貴重な機会ですので、

 

行ってみたいと思う方がいましたらご連絡下さい。

川連平和のつどい開催

  • 2019.08.30 Friday
  • 10:41

川崎市中原区の建設組合 中部建設組合の詳細はコチラ

 

 

今年も川連平和のつどいが開催されました。

毎年参加者がすくなくなっている気もしますが・・・・

日本に生まれた以上は、8月平和・戦争について考えてみてはいかがでしょうか。

 

というわけで

総合自治会館で開催されました。

川連全体で38名の参加でした。

 

まず

今年は映画を見ました。

だいーぶ昔に作られたみたいで声が独特でニヤッとしてしまいそうですが

内容はもう怖い。その時代生きてたら。原爆投下のそこにいたらと考えると本当に恐ろしい。

これを見てもなお核兵器で平和???って思えるの?でしょうか

核の傘に入ってるってこういうことが再び起こる可能性を残している??

って絶対ダメでしょう。考えられないですよね。

 

想像力ですよね。権力者?かどうだか知らないけど自分は核兵器の被害を受けないと思ってる。

現実にそんなことになるなんて思ってないんです。

想像しましょう。

 

今年は広島市長も平和宣言で核兵器禁止条約の参加に言及していました。

長崎市長は今年も政府に参加を訴えました。

ゴールは一緒だがプロセスが違う???????????????????

だか何だかわからんが日本こそ声を上げ先頭にたって核兵器廃絶を訴えろ!

と熱くなりますが、本当に早く核兵器はなくさないと!

あの映像の恐怖と隣り合わせの世界で生きていきたくないし、未来に残せないです。

 

そして今年も原水爆禁止世界大会IN長崎に中部建設は3名の代表を送りました。

初参加の

後藤平和担当福執行委員です。

核兵器は無差別殺人だと、国は積極的に核禁止・廃絶を伝えろ!という感想をいただきました。

 

次に

三浦平和担当執行委員です。

世界大会への参加者が減ってることに危機感を抱いていました。

伝えていかなきゃいけない!という感想をいただきました。

 

そして

原事務局です。

事務所にいますので感想は本人から聞いてください。

 

今回の機関紙で感想文の抜粋を掲載いたします。

全文見たい方は組合までお問い合わせください。

 

そんな感じでございました。

少ない中でも、みなさん真剣に平和を考えるいい集会になったと思います。

来年はぜひ皆様のご参加をお待ちいたしております。

原水禁世界大会来年は広島に代表を送ります!

 

 

 

暑さを吹き飛ばせ―!青年部BBQ大会

  • 2019.08.23 Friday
  • 14:53

8月18日(日)くもり時々雨

溝の口のドンキホーテの屋上には

手ぶらで気軽にBBQができる施設が

あるんですが、ここ何年か、

青年部が納涼会を行っています。

お肉や野菜を焼きながら

飲み放題のビールやサワーを

心ゆくまで楽しめるし、

屋上なので、暑くても風が通り、さわやかです。

お腹いっぱいになったころには

ビンゴ大会になり、

子供から主婦まで

喜ばれるように選んだ景品の山!

 

みんなが笑顔になり終了しました\(^o^)/

組合や青年部、主婦会などが企画する行事は

役員と事務局が一緒に準備し、

楽しんでもらえるようやっていますが、

何か、気が付いたことがあれば

遠慮なく、事務所までご連絡ください。(^^ゞ

 

10月20日は橘公園で運動会がありますよ!

ぜひ!参加してください〜!! (^O^)/

 

夏季閉所のお知らせ

  • 2019.08.09 Friday
  • 10:36

川崎市中原区の建設組合 中部建設組合の詳細はコチラ

 

組合事務所の夏季閉所期間のお知らせです。

 

8月13日(火)から15日(木)まで

 

事務所を閉所いたします。

 

 

 

働く者のいのちと健康を守る全国センター

  • 2019.08.08 Thursday
  • 10:06

川崎市中原区の建設組合 中部建設組合の詳細はコチラ

 

 

『働く者のいのちと健康をまもる全国センター』

 

が発行する機関誌のコーナー相談室だより

寄稿いたしました。

 

あの火災から一年。

この間、このブログを閲覧して連絡をくれたNHKのディレクターと

なんとかこの建設現場の状況を世に問えないかと、なんども足を運び

様々努力してきましたが、残念ながら今度のことでの番組作りは

あきらめざるを得ない状況となってしまったと連絡がありました。

 

無力感を感じ落ち込みました。

 

でも、色んな媒体を使って発信をしていけたらと思っています。

ディレクターとも協力関係と問題意識の共有ができているので

また折を見て、建設現場で働く人達がどういう中で働いているのか

世の人達にも知って考えてもらう機会を作れたらと思っています。

 

 

川崎中部建設労働組合では、昨年、事務所前の看板を新調し『現場の困ったは組合へ!』と大きく表示しました。

相談や悩みを親身になって受け止めたい、私たちの組合が持つ力を少しでも人のために役立てたいという思いを込めました。

 組合には、労働問題や工事代金不払いから始まり、税金相談や生活保護、果ては「自宅前の電柱が邪魔」といった相談まで来ます。

 2018年はゼネコン現場での火災が相次いで起きた年でした。7月に多摩市唐木田で発生した現場火災によって、51歳塗装工の組合員が亡くなりました。告別式で、遺された奥さんは「どれほど無念だったかと思う。もう二度とこのような事故を起こさない様にお願いします」と泣いて途絶えながら訴えました。ご長男は「親父は、2歳になる孫にランドセルを買ってやるのを楽しみにしていたよな。子どもが生まれて車がいるだろうから『車買ってやるから待っていろ』って言っていたよな」と語りかけていました。災害的猛暑と呼ばれた夏に、家族のために必死に働いていた中での死亡事故でした。

安全管理を怠り、仲間の人生を奪った元請ゼネコンに腹の底から怒りを感じます。「安全な現場で安心して働く」ということは仲間の当たり前の要求です。年間で400人を超える建設現場での労災死亡事故の、一人ひとりの人生に思いをはせた時、仲間の命と尊厳を守ることを使命としている組合の一員として、悔しさと自責の念を感じます。 

事故後、奥さんから組合に連絡が入り「口座が凍結してしまい、直近の生活費に困っている」とのことで、申請前でしたがすぐに共済の弔慰金を持参し、「これで家賃が払える」と言ってもらえました。より強く、頼りになる組合を作っていきたいと思っています。

 

求人サイトの電話営業にご用心。

  • 2019.08.07 Wednesday
  • 17:33

川崎市中原区の建設組合 中部建設組合の詳細はコチラ

 

組合員から「求人サイトの電話営業でだまされた」と相談がありました。

 

『3週間無料キャンペーンをやっていて、キャンペーンの間に

 解約すればお金はかからない』と言って勧誘するそうです。

 

『解約申請書は登録後に送る』と言うそうですが、

 

解約申請書は送られてこず、3週間経ったころに、

 

契約継続後の3週間分の契約料である15万円を請求されるそうです。

 

いま、どこの業界も(特に建設業は)人手不足です。

 

求人サイトの運営会社からの電話で、

 

『キャンペーン中でお金はかからない』とあったら

 

疑ってかかった方がよさそうです

 

 

第4回 記帳会(税金申告のための)のお知らせ

  • 2019.08.02 Friday
  • 10:54

川崎市中原区の建設組合 中部建設組合の詳細はコチラ

 

『記帳会』を継続して開催しています。

2か月に一度、帳簿付けを事務局の援助のもと行う

記帳会を開催しています。

帳簿付けを定期的に行うことで、自らの事業の定点観測をしましょう

毎回3名〜5名程度の少人数参加ですので、自分のペースででき、

分からないところは気軽に聞けます。

会場は17:00まで使えますが、自分のやりたいところまで

やったら途中で退席していただいて構いません。

 

次回記帳会 9月13日(金)13:00〜17:00

 

開催日程 奇数月の第2金曜日の午後1:00から17:00

(2019年9/13、11/8、2020年1/10)

 

場 所   組合事務所

 

持ち物   原始資料(領収書や請求書)・記帳簿

      パソコン記帳を希望の方はパソコン

 

内 容 

原始資料(請求書や領収書等)を持ってきていただき、

科目ごとに記帳をしていってもらいます。

原則は発生主義で行い、期末整理を1月の回で行います。

手書きでの記帳を望む組合員には手書きで、

パソコン記帳を望む組合員にはパソコンの使用方法と、

パソコン記帳のやり方を覚えられるように指導します。

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

LINE公式アカウント

友だち追加

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM